RECRUITE 2020

Interview

インタビュー

「出世」よりも「理想」を追求する楽しみ。
情熱とチャレンジでブランドを全国的に!

株式会社リツビ エステティック営業部/2013年中途入社

大井 英和

Hidekazu Oi
以前は、大手化粧品メーカーで営業を担当していましたが、それよりも小さな企業規模のリツビに転職したのは、「確かなデータで裏付けられた商品しか扱わない」という社長の信念に惹かれたからです。リツビの営業スタイルは、エステティックサロンのオーナー様や店長様の理想の店作りを、私達の商品でどのように実現するかを提案する“コンサルティング”を軸としています。だからこそ、リツビの販売している「確かなデータで裏付けられた、結果の出る商品」は、サロンに来店するお客様の願いを叶え、さらにはオーナー様の理想を実現できるものとして、自信を持って販売することができています。

また、営業職だけではなく、サロン限定のスキンケアブランドの責任者も担当しています。任されたのは入社の半年後、正直最初は戸惑いました。でも、個人を信頼し、職種や社歴に関係なく責任の有る仕事を任せるリツビだからこそ、自分のアイデアを形にできるチャンスが沢山ある。営業職とは違ったフィールドで自分の力を試せるところも、自身の成長に繋がっています。今後は、このブランドをB to B市場だけではなく、B to C市場で全国的に広めていけるような取り組みをしたいと思っています。

確かに大手では、出世の天井が高いので、出世の楽しみは大きいです。でも、出世だけを目指す仕事ってつまらないと感じています。リツビは、社内のあちこちにあるチャンスが転がっているので、それを活かせれば自分次第でいかようにもなる。小回りの利く規模感だからこそ、理想の実現のために情熱を注ぎながら働くことが出来ますし、若手の内から大胆なチャレンジもできる。それがリツビです。

Entry エントリー